<第4回>アーユルヴェーダ的 秋の過ごし方

今年は真夏日の連続でしたね。
そしてまだまだ暑い日が続いていますが、皆さんお元気ですか?

夏の暑さによって体の中に熱が増えたり、冷房や冷たい食べ物によって冷えを増やしたり、急激な温度変化が体に大きな負担をかけています。
更に、太陽のエネルギーによって体力が奪われるので、消化力が落ちていていませんか?

消化力が落ちている時に、消化しにくい食べ物をたくさん食べてしまうと、胃が悲鳴をあげてしまい、お腹を下したり、胃炎になったり、風邪をひきやすくなったりしてしまいます。
またアーユルヴェーダでは冷蔵庫から出したばかりのものや、氷で冷やしたものは、冷たいものではなく「冷た過ぎるもの」と位置づけられ、消化の火アグニを 鎮火させてしまうので、いつの時期でも控えるべきとされています。
また、生野菜も体を冷やすので、蒸したり、焼いたりと加熱したものを食べるのがおすすめです。食べたくなった時は、お食事の最初に食べると火が小さくなっ てしまうので、火の強いうちに消化に時間がかかるものや甘いものなどから食べ始めたり、食べる前にショウガティーなどでアグニを燃やしておく、アグニが強 い10時から14時の間に食べる、喜んで楽しく食べるなど、火を上手に活用しましょう。

冷たいものは全部ダメなの!?と思われるかもしれませんがそうではないのでご安心下さい。常温のものや、体を冷やす作用のある食物、例えば夏野菜など問題ありません。果物は生で生の果物もおすすめですよ。

夏の間にピッタが溜まっていると表に出てきます。目に見えなくても地中で種が栄養を蓄え、徐々に芽吹いてくるようなものです。原因があれば結果があります。目に見えなくても蓄えたものは多くなると溢れてしまいます。
秋になって涼しくなってくると、太陽のパワーが衰え始め、消化力が増してきます。急にたくさん食べるとそれまで疲れていた胃が驚いてしまうので、過ごしや すい気候の中で、ゆっくりと体に良い秋の味覚を楽しみましょう。実りの季節に、おいしい実(健康)にすることも、おいしくない実(不健康)にすることも、 今の生活や食事など、前からの準備によって変えることができるのです。

自然界、紅葉など、ピッタの作用による色の変化も起こります。
この時期ならではなの紅葉狩りやすすき野原を見に行くのも良いですね。
また、月明かりは体を心地よく冷やしてくれるので、中秋の名月を楽しむのもおすすめです。
体の熱は、なるべく自然の涼しさで冷やしましょう。
自然と離れると不調が出やすくなります。

また秋の次は冬です。
冬は、乾燥そして冷たいヴァータの時期です。
一つ前の蓄積する時期から丁寧にケアすることが大切です。悪いものを溜め込まず、ヴァータに最適のオイルを使うことがおすすめです。毎日のオイルマッサー ジが、冬の乾燥から身を守り、寒さによる体の痛みなどを遠ざけてくれるでしょう。
オイルで炒めたお野菜を入れた温かいスープなども、ヴァータを抑えるのに役立ちます。

  • Hamsodaka(天然の水を日中太陽の熱にさらし、月明かりで冷ます。これを数日繰り返したものを飲む。毒素が抜け、ドーシャを安定させる作用が生まれる。体内の微細な管を閉塞させる粘液を増やさず、体を乾燥させることもない。)
  • 手軽なヴァータのケアにはごま油のマッサージがお手軽です。できれば黒ご まの自然な方法で圧搾された焙煎していない油がおすすめです。ご使用前に一度100度程度に加熱(キュアリング)して、冷まして使うと吸収が良くなりま す。オイルマッサージはお風呂の前に行って下さいね。最低15分吸収のために時間をあけて、お風呂または熱めのシャワーで発汗しましょう。全身マッサージ が難しい場合、頭、耳、足の裏にオイルを塗るだけでも、冬の乾燥具合が変わると思うので、ぜひお試し下さい。

次回は冬の過ごし方をご紹介します。お楽しみに。