住職は年齢より10歳くらいお若くみえますが、なにか健康の秘訣はありますか? (横浜市Yさん)

見かけは若くても、体は着実に老化しています。特に冬は、手足の冷たさを感じます。縁あって統合医療をすすめるクリニックに通うようになり、先生にいろいろ教えていただきました。

あるとき「私は寝るまで仕事をして、服を着たまま寝るのが特技なのです」と申しましたら、先生が「私どもも若いときは、白い医療着を着たまま寝てました。 でも、それで早死にした先生がたくさんいます。寝る前には仕事だと思ってお風呂に入って体を温め『湯たんぽ』を使ってお休みください」と。

昔から頭寒足熱といいますが、健康を維持するためには体を温めて血行を良くすることが基本なのですね。そうすると体の代謝も良くなり、自然治癒力も増すそうです。

そして寝るときだけではなくて昼間も「湯たんぽ」を使って体を温める。これが「湯たんぽ」の達人なのだそうです。「湯たんぽ」は、エコということもあっ て、最近若い女性たちにも人気があります。皆さまも、ぜひ試してみてください。

あとは、マルチビタミンを呑んでいます。ビタミンは体力維持に欠かせません。
精神的には、仏さまの教えを聞かせていただいているせいでしょうか、いつも自分は未熟なのだと思っています。
若く見られるとしたら、それは、その未熟さ故ではないでしょうか?

小型湯たんぽ

小型湯たんぽ