お焼香の仕方を教えてください。 (練馬区Kさん)

写真入りで説明しましょう。

  1. 念珠(ねんじゅ)は左手に、尊前に進みます。
  2. 阿弥陀さまと法名を仰(あお)ぎ見ます。
  3. 左手を焼香机の手前におき、右手で香を2回火にくべます。(写真1)
    (このとき香は額に戴くことはしません)
  4. 香盒(こうごう)のなかの香の乱れをなおします。(写真2)
  5. 念珠に両手をとおして合掌し、南無阿弥陀仏をとなえ、
    礼拝(らいはい)します。(写真3)
  6. 合掌をといて、軽く頭礼(ずらい)をします。
  7. 自席にもどります。

もし香盒の蓋(ふた)が閉じているときは、蓋を右に外します。蓋は裏返しません。
お焼香が終えたら香盒の蓋を閉じます。それから合掌です。

ここまでできたら完璧です。真宗門徒はどこに行ってもこのやり方で大丈夫です。

お焼香の仕方(写真1)

お焼香の仕方(写真1)

お焼香の仕方(写真2)

お焼香の仕方(写真2)

お焼香の仕方(写真3)

お焼香の仕方(写真3)