お墓に供える、シキミについて教えてください。(所沢市Tさん)

「シキミ」は、樒・櫁・梻(木に佛)などと書き、仏前草ともよばれています。シキミ科の常緑樹で有毒。特に果実には毒性が強く、劇物に指定されています。

神様にお供えする榊(サカキ)は、ツバキ科で種類が違いますので注意してください。

「シキミ」は日本特有の香木とされていますが、一説によると、もともとは天竺(インド)産で、鑑真和尚がもたらしたと伝えられます。

天竺の「青蓮華」に似ているところから、弘法大師が密教の修法に使用するなど、古代から仏前・墓前に供えるようになったということです。

「シキミ」は一種の香気があり、葉を乾燥させて粉末にして抹香(まっこう)・線香としても使用します。その香りは野生動物も忌むので、墓前に挿して獣が墓を暴くのを防いだといいます。

なるほど、「シキミ」を墓前に供えるのにはそういう意味があったのですね。

母に聞きますと、昔はお彼岸やお盆でも「シキミ」がずっと並んだと言います。いつから色花をあげるようになったのか分かりませんが、墓参の折にはぜひお使いください。

明順寺でも、「シキミ」は常備しています。

墓前にしきみ

墓前にしきみ